谷のウグイス唄はおもえど ときにあらずと

  • 2015.04.04 Saturday
  • 14:28



春はなのみの風のさむさや 

谷の鶯歌はおもえど 

時にあらずと声もたてず

時にあらずと声もたてず


氷解け去り葦は角ぐむ

さては時ぞと思うあやにく

今日もきのうも雪の空

今日もきのうも雪の空


春と聞かねば知らでありしを

聞けば急かるる胸の思いを

いかにせよとのこの頃か

いかにせよとのこの頃か


作詞 吉丸一昌






















 

自然文化の観察

recent comment

プロフィール

検索

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

モバイル

qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM