作品を紹介します

  • 2015.02.15 Sunday
  • 08:40















意味のないことに意味がある意味のないことに意味がある意味のないことに意味がある意味のないことに意味がある意味のないことに意味がある意味のないことに意味がある意味のないこ



この二つの作品は1999年に制作しましたので左が「1999-1」右が「1999-2」という題を

つけることにしました 題名は記号ですからアイウでもイロハでも何でもよいと思います

が制作した年を記したほうがいくらか意味があると思います 「この作品は何を意味する

ですか」という質問はもっとも苦手とするところです 我が師福沢一郎は「創作意欲は排

泄欲と同じ」という意味のことをよく云っておられました この作品は二重になっていて

間に5センチほどすきまがあって見る角度によって表情が変わってきます シルクスクリ

ーンという版画の技法もつかわれています 絵画とオブジェの中間的なものといえるとお

もいます 間にイルミネーションをセットしようかと考えたことはありますが どなたか

にご購入いただいた場合 故障の修理まではいたしかねると思いそれはセットしませんで

した 額の外径が635ミリ×635ミリです お値段は送料込みで75,000円です 気に入っ

ていただければ嬉しく思います (2・15)










 

生きている証に

自然文化の観察

recent comment

プロフィール

検索

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

モバイル

qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM